着圧ソックス【医療用】はやっぱり違う?!

着圧ソックス【医療用】はやっぱり違う?!

着圧ソックスは足のむくみが取れることから、多くの女性に利用されています。今では一般の人々に使用される商品となっていますが、もともとは下肢静脈瘤や深部静脈血栓、リンパ浮腫の予防のために患者が使用する医療用のソックスでした。
着圧ソックスの目的は足の筋肉のポンプ機能を補助することにあります。心臓から送られた血液は、身体の末端までめぐってからまた心臓に戻ってきます。足の筋肉はポンプの役割を果たしており、血液が足先から心臓に戻るのに役立っています。この足の筋肉のポンプ機能を補助するために考えられたのが着圧ソックスで、足首からふくらはぎやふとももにかけて段階的に圧力が下がるようにできています。このようなしくみによって足の血液循環やリンパ液の流れ、老廃物除去を促進する効果があり、むくみを改善することができるといわれています。
医療用としてだけではなく、一般的に使用されるようになった着圧ソックスですが、着用する際には注意が必要です。サイズの合ったものを足首から足に合わせて履くことが大切となります。サイズが合っていなかったり、適当に履いてしまうと、本来圧をかけたい場所に圧がかからず、十分な効果が得られない可能性があります。また、あまりにも長い期間、着圧ソックスを使用すると、足本来の機能を衰えさせてしまう可能性があります。そのため、むくみやすい時期だけ使用するなどの工夫をすることが大切です。
デザインや種類が豊富な一般的な商品はもちろんのこと、医療用の着圧ソックスもお店やインターネットなどで購入することができます。特徴や履き方などをしっかりと理解した上で、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

大人気!!特集ページ


⇒着圧ソックスおすすめランキングはこちら


プロのワザを激安キャンペーンで♪

痩身エステでプロの技を体験♪
プチプラ体験コースを賢く使うためのダイエットエステ比較サイトはこちら↓